スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- | | スポンサー広告

白紙カードを使って製作したオリジナルカードは販売できます

「エクスタロット片面白紙カード」または「両面白紙カード」で
ゲームを作ってみた方、又は作ろうとしている方からの
お問い合わせが急増しましたので、まとめてお答えします。

Q1.エクスタロット片面白紙カードと両面白紙カードの違いは、
 裏面に模様が印刷されていること以外には何がありますか?
A1.両面白紙カードは両面ともニスが塗られていませんので、
 ペンなどで両面とも自由に書き込みができます。
 ただし、滑りは良くありません。
 片面白紙カードは両面ともニスが塗られていますので、
 ペンで記入はできませんが、高級トランプと同じ滑り感が得られます。
 また、この片面白紙カードは、
 家庭用プリンターで印刷したシールを白紙部分に貼ることを前提に
 設計・製作されていますので、ニスの効果により
 シールを剥がしたり貼り直したりが容易にできます。

Q2.エクスタロット片面白紙カードを使って自分が製作した
 オリジナルゲームを、カードごと販売することはできますか?
A2.片面白紙カードの裏模様には著作権が存在しますが、
 お客様が購入されたカードを使ってゲームを制作する場合は、
 裏模様の使用について追加のライセンス料は不要ですので、
 そのまま販売することができます。


スポンサーサイト

2016.09.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Q&A

片面白紙カードがゲームの試作に使われました

池袋コミュニティカレッジ主催の講座「米光一成のゲームつくり道場」で
カードゲームの試作品の一部に、
「エクスタロット片面白紙カード」が使われました。

カードをデザインする工程は次のようなものです。
まず、市販の10面名刺サイズA4ラベルシールを用意します。
エーワンラベルシール 型番31513 (55mm x 91mm)が最適で
ブリッジサイズのカードにとても良く合います。

対応するテンプレート(word用)をダウンロードします。
A4サイズに10枚分のデザインが入ります。
画像を作成する場合は55mm x 85mmにするのが最適です。
カードのサイズが58mm x 89mmなので、
シールの長辺を6mmカットしても良いようにデザインしておきます。

そのように作成したカード用の画像をテンプレートに配置して、
ラベルシールに家庭用カラープリンターで印刷します。
そして長辺をハサミかカッターで6mmほど短くしてから
エクスタロット片面白紙カードに貼ります。
このとき、曲がらないように注意が必要ですが、
片面白紙カードは両面ともトランプニスが施されているので、
すべすべしていて、ラベルシールの再剥離は容易です。
ですから、位置を間違えても、簡単にやり直しができます。
これは後日、シールを貼りかえることもできることを意味します。

こうして、トランプのような感触のゲーム用のカードを、
安価に、迅速に、試作できることが分かりました。


2016.09.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 解説

« | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。